国立の法科大学院論文試験合格!しかし、まだ面接が・・・

嬉しいことに、某国立大学法科大学院の論文試験で合格をもらいました。
正直言って、しっかりと書ききれていなかったので、難しいだろうな、と思っていましたから、
とても喜んでします。次は最終試験の面接。対策のたてようがないですが、
持ち前の「適当」トークで(笑)、志をアピールしてきたいと思っております。

ただ、未習者試験は応募者数の減少もあって、質の低下が懸念されます。
(だからこそ私が合格したのだと思いますが・苦笑)
ロースクール入学はあくまで司法試験受験の入口のまた入口であって、
ゴールは遥かかなたなので、質が落ちたからローに入れてラッキー、なんてとても言えません。
むしろ、逆に、そんなレベルで会社辞めてローに入学して大丈夫なの?という不安のほうが大きいです。

当初既習者で法科大学院を目指していた(つまり、法律の勉強をしていた)にもかかわらず、
未習者に転向し、運よく入学できたしても、行政書士試験に落ちる程度の法律知識では司法試験合格はおろか、
授業についていくのも大変かもしれません。

男46歳。仕事も捨て、家庭も顧みず、こんなギャンブルをして良いのでしょうか。
ロー入学の期限が迫ってくるほど、不安になります。
受かってから考えよう、なんて気楽に考えていたことが現実に起きつつあります・・・。

とりあえず、毎週宝くじのBIGを買ってます。6億円当たれば一気に解決するので・・(笑)
我ながら、楽天的なのか、緩いのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック