司法試験予備試験を受けて ~ 早大会場15号館は最悪・・そのまた最悪にいた私!

実は、昨日の今日で、司法試験予備試験についてコメントしないでおこうと思っていた。
たいして勉強もしてないし、合格圏にも遠いし・・・と、力ないもの語るべからず、と昨日まで思っていた。

だが、今日は言いたい!
司法試験委員会に言いたい!

今日の予備試験は公平でない
私が受験した早稲田大学15号館は最悪の会場だからである。
なにが、最悪か。

①古いマスプロ教室のため、学生を詰め込もうとして机・椅子が小さく、間隔が狭い。前の人の背中と私の頭がぶつかったりする。

②早大特有のことかもしれないが、学生の登録人数が多いから教室は大きくしても、実際に出席はしないので、とトイレが極端に少ない。予備試験のように出席率が高くなると、トイレは溢れ、休み時間のほとんどをトイレ待ちで過ごすことになる。これは大便待ちではない。小便、しかも男子の、である。昔の歌舞伎座はこの逆で、おばさんがよく男子トイレに平然と入って来たが。

③節電対策なのであろうか、天井の蛍光灯が間引きされていて、暗い。予備試験ごときのために早大は補填しようとは思わないのでろう。もしくは、司法試験委員会の配慮が足りないのであろう。

さて、これだけでも最悪だが、本日はここに最大の最悪が加わった。
私の試験会場は15号館の4階、実質は中2階があるので5階であった。
これを階段で上り、下りするのである!!!
トイレ渋滞を避けて、他の校舎に行こうとするたびに、いちいち4階から下り、会場に行くためにまた4階へ上がる。
昼食をとるために、4階下りて食べに行き、4階上る。
息があがって、着席してもしばらくはものを考えられない

私のような年寄りにはこれは地獄である。15号館はU25(25歳以下)にするとか、それなりの工夫が必要なのではないか。いまだに太ももがパンパンである。
最後の刑法・刑事訴訟法の試験中、疲労のあまり、ついうとうとしてしまった・・・(これは会場とは関係ないかもしれないが、模試で最後の科目で睡魔に襲われたことはない。だいたい、最後に覚醒して、「しまった」と思うほうが多いものだ・笑)

あ、予備試験の内容や、出来不出来についてはノーコメントです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック